自由自在なのが人気

建築会社によって設計の自由度の違い

注文住宅を建築する場合には分譲住宅を購入する以上の知識が必要になります。注文住宅というと一からすべてを設計するイメージを持っている場合も多いのですが、ハウスメーカーなどが提供するセミオーダー式のものも多いのです。セミオーダーのメリットは極端に失敗した住宅はできないということです。専門家の知識をもとに住宅の土台となる骨格や仕様は決められています。建築会社によって標準仕様と呼ばれる仕様が決められていてこうした仕様の中から選択するのです。標準仕様の中から選択することで追加の費用が掛からないのです。とはいえ間取りや仕様に制限があるのでこだわりがある場合には理想の住宅を建築することができないケースも少なくありません。

注文住宅を提供する建築会社による提供される住宅の違い

もちろんメディアや雑誌で紹介される住宅というのは建築士と建築主が要望やアイディアを出し合ってオリジナリティあふれる住宅が建築されています。しかし機能性とインテリア性をともに満たすには多角的に設計を考える必要があるのです。 光を取り入れるために窓を多く設置することで明るい空間を作ることができます。しかし窓は住宅の気密性を下げてしまうのです。このほかにも吹き抜けも限られた空間をより広く演出することができます。吹き抜けがあることで低層階にも太陽光を届けることができます。しかし吹き抜けがあることでエアコン効率が悪くなるのです。この場合エアコン効率を下げずにいかに空間を広く演出するかを考える必要があります。このように注文住宅といってもバランスの良い住宅を建築するのは大変多くの知識が必要になるのです。 少なくても注文住宅を購入する際にはこうした建築に関する知識を持つ必要があるのです。