理想を決めておく

今後の住宅設備の予想について

注文住宅は標準設備とオプション設備というものがあります。標準設備は元々の金額に含まれていますが、オプション設備は別途金額が発生するものです。標準設備のメーカーや詳細はハウスメーカーによって異なります。年々技術が高くなり今まではオプション設備だったものが標準設備となることも多くあります。全体的に設備の質が高くなっています。注文住宅は今後もより質のいい設備が標準化されることが予想されます。質の高いものを使用する場合は金額が高くなるかという点も気になる点ではあります。注文住宅は金額が高くなってしまうと顧客が減少してしまうことも考えられるので、ある程度は金額が変わらない範囲で良い設備を標準設備に取り入れていくことが予想されます。

土地の探し方や進め方について

注文住宅の場合は、土地を探し購入してから建物の詳細を決めていく形になるのでいくつか注意が必要です。まず土地を購入する際は建築予定のハウスメーカーに事前に確認してもらうことが大切です。土地によっては想定外の工事が必要になったりする場合があるので、建物が予定通り建てることのできる土地かどうかを判断してもらう必要があります。そのうえで問題ないということになった時点で土地の契約を行うのがスムーズな流れです。土地によって建物の間取りが決まってきます。例えば南接道の土地の場合は道路側にリビングを設置する必要があります。土地の形によって間取りが決まってきてしまうので、事前にどのような間取りにしたいかを考えた上で、どのような土地がいいかを決めておくことが重要です。