住宅の契約

分譲住宅は、広大な土地を分けて住宅を建築し区画ごとに販売する建売住宅です。 あらかじめ建設された住宅のため、売買契約と同時にすぐに住みはじめることが可能なことや、同じ外観の家が複数建てられていることから、統一性のある住宅エリアに住むことができるというメリットがあります。 自分で建築計画を建て、好みの間取りにすることが出来る注文住宅と異なり、間取りや設備の自由は効かないというデメリットがありますが、建設会社は利用者のあらゆるニーズを徹底的に調べ上げ、人気のあるさまざまな間取りのパターンを用意しているため、気に入った間取りの物件を選択することが可能となります。 分譲住宅はその生産性の高さから今後ますます増えていくと予想されています。

分譲住宅はその値段の安さが特徴的であり、同じ土立地条件の土地付き注文住宅と比べると大幅に安くなります。 これは、建物を複数生産することで、資材の大量購入や、テンプレート化された建築計画が利用できること、まとめて工事を行うことで工期を短くし人件費が削減できることなど徹底したコストパフォーマンスが実現しているため、建物価格が安くなっていることが理由となっています。 そのため、安かろう、悪かろうといったクオリティが低いといったものではなく、非常に住みやすい物件となります。 そして、分譲住宅はエリア全体を一つのプロジェクトとして収益を期待している傾向があり売れ残りの物件があることは好ましくありません。 そのため、プロジェクト単位で黒字が出ていれば、売れ残った物件を急激に値下げして売りに出されることも多くあるため、よりお得に購入が可能となります。