デフレの影響

土地の価格はデフレ経済のもとで下げ続けていた

日本は国土が狭いこともあり、バブル崩壊までは一貫して土地価格は上昇を続けていましたので、日本では土地神話と呼ばれていました。一時期には日本の土地の値段がアメリカ全土の値段より高くなってしまったと言われたほどでした。しかしながら、バブル崩壊以降一貫して土地価格は下げ続けており、三大都市圏を中心にミニバブルはあったものの、再び起きたリーマンショックで大きな反動がありました。リーマンショック後の下落がようやく収まる傾向を示していて、ここに来て三大都市圏では商業地も住宅地も反転上昇の兆しを示しています。その他の地域では引き続き下落は続いているもののその下げ幅は漸く下げ止まってきています。一部の地域では上昇すrとことも出て来ています。

日本では個人所有が進んできたのは最近の話である

日本では個人ベースでの土地の所有が進んできたのは最近のことである。明治維新以降近代化の進展もあり、土地の開放が進んだため多くの個人が所有するようになったのであり、以前は地主がと土地を所有し、一般人は借りて農業を行っていたものでした。戦後の農地解放により、小作人でも土地の所有が出来るようになってから所有するkとが一般化されると同時に売買の取引も活発になっていったわけです。この間に価格は一貫して上昇してきたため、財産としての価値を高めて来ていました。借金をして購入しても土地代の上昇によってほとんどのケースで悪循環の起きることはありませんでした。大きく変わったのがバブル崩壊です。バブル崩壊以降の下落によって住宅ローンで購入した人が住宅を売却してもローンを返済できないという従来では考えられないような事態が発生しました。今後の土地動向には注意が必要です。